挑戦する風土づくり|ダイバーシティ&インクルージョン|クレディセゾン 企業・IR情報
ダイバーシティ&インクルージョン

社員の一人ひとりが
価値創造をする企業へ

挑戦する企業文化醸成のための
ダイバーシティ&インクルージョン

セゾンスタイル

経営理念「サービス先端企業」を実現するために、クレディセゾンの社員が追求すべき5つの行動指針を「セゾンスタイル」として掲げています。

チャレンジする / 常識を疑う / やりきる
チーム力を高める / 自分を高める

全社員共通人事制度

新たな挑戦に取り組み続けるための仕組みづくり

当社はこれまで、学歴・性別・年齢により区別がされることなく、一人ひとりの個性が発揮することで成長を遂げてきました。しかし、社会環境の変化スピードは速まり、当社を取り巻く経営環境も大きく変化しています。このような中、当社が持続的に成長するためには、一人ひとりの能力を全開にし、常に成長しようとするベンチャースピリットが必要だと考えています。そのため、2017年9月に専門職社員やメイト社員(パートタイマー)といったそれまでの雇用区分を撤廃し、全従業員を「正社員」とする画期的な人事制度を導入いたしました。
新人事制度により、雇用区分ではなく「担う役割」に応じた処遇(同一労働同一賃金)を実現するとともに、誰もが新しいチャレンジができる環境が整備されました。

2017年9月16日以降

成果を賞賛し合う。表彰式「クレディセゾンアワード」

個人の意識改革と組織の総合力向上を図るため、部門を超えて社員・組織の成果を賞賛し合う表彰式を年一回実施しています。各事業所別に設定している成果に応じた表彰のほか、未来に語り継いでいきたい社員の行動や取り組みを投票により表彰するなど、様々なジャンルでの表彰を行っています。

クレディセゾンは「サービス先端企業」を理念とし、これからの社会において、なくてはならない会社であり続けることを目指しています。
世の中、お客様のために、社員一人ひとりが行動を変え、絶え間ない変革により、新たなクレディセゾンを創り出すという想いを込めた「新世代セゾン」をコンセプトに、2017年のクレディセゾンアワードを開催しました。