企業情報

Neo Finance Company in Asia

TOP MESSAGE

トップメッセージ

自らが変化し
未来を創り出す
企業を目指して


代表取締役会長CEO 
林野 宏

「サービス先端企業」を経営理念に掲げる当社は、1980年代より、クレジットカード業界においてさまざまな「イノベーション」を実現してきました。しかし、近年における「デジタル革命」と「グローバル化」の波により、世の中の企業、事業、商品、サービスは急速に陳腐化し、顧客の支持を獲得し続けることは困難になりつつあります。

競争は既存のコンペティターのみならず既得権を失うことのない異業種からのプレイヤーが主役となり、昨日のビジネスの継続やなるべく小さな変化で済ませようとする安易な心情は負け戦の象徴といえます。

どんな組織においても、失うものがないなかで得た成功体験が危機感の欠如と新しい挑戦を妨げます。あらゆる国家、社会、組織がグローバル革命とデジタル革命に挑戦せざるを得ない状況において、「インターネット資本主義社会」の実現化こそ、当社が乗り越え打ち勝つべきテーマであり、再び構想力と実行力が問われています。

VUCA時代と称される現在、誰しも未来を予測することはできませんが、未来を創り出すことはできます。それは自分たちがその主体者である限り、変化し続けることによってのみ実現する現実であり、これからは限られた少数の人ではなく顧客を巻き込み、社員全員が活躍する組織のみに勝利が約束される社会に変わっていくはずです。

クレディセゾンは社員に夢と希望を示し協力して何かを成し遂げるために、社員全員が活躍する組織を創りあげ、自らが変化し続ける企業を目指すことで、お客様やお取引先へのさらなる貢献を目指してまいります。

お客様と
50年間を共に歩む
ファイナンス
カンパニーへの挑戦


代表取締役(兼)社長執行役員COO 
山下 昌宏

2019年3月に新たな経営体制のもと、代表取締役社長 COOに就任いたしました。
長年の経営課題であった共同基幹システムへの移行が完了し、今後の事業成長に向けて新たなアライアンスやサービス、コンテンツの開発に対応可能な攻めの態勢が整いました。

現状、決済手段のバリエーションは多様化しておりますが、顧客の立場に立った真のサービスや商品でなければ早晩淘汰されていくことでしょう。

当社は創業以来、さまざまなイノベーションを実現し、顧客の支持を得てまいりました。今後もデジタルトランスフォーメーションをキーとして、お客様のライフイベント・ライフステージに合った革新的なサービスやコンテンツ創造を通じて、50年間お客様に寄り添っていけるファイナンスカンパニーを目指してまいります。

同質化競争をすれば飽和状態になり、真面目さだけでは横並びの発想しか浮かびません。イノベーションには「どのようにやるか」という方法論よりも「なぜ、やるか」という内的な動機や目的が重要です。そのためにも「オープン・フランク・イノベーティブ」という当社の企業文化を象徴するステートメントにあるように、この予測不能で不確実な時代に自ら『解』を導き出せる柔軟で力強い組織を創ってまいります。

また、1980年代から取り組んできたESG経営を実践し、より豊かで便利な社会の発展に寄与することで、持続的な企業価値の向上と社会への貢献を果たしてまいります。