CREDIT SAISON

マネジメントメッセージ

Innovative

代表取締役(兼)社長執行役員COO

今こそ、大胆な変革を起こす

水野 克己

代表取締役(兼)社長執行役員COO

2020年はパンデミックにより、社会経済が大きな影響を受け、当社もこれまで強みとしてきたリアル拠点を中心とした既存のビジネスモデルに変革を迫られました。一方で、私たちの生活や価値観が大きく変化している今だからこそ、このピンチをチャンスに、攻めの経営に転じていきたいと考えています。2021年度は、経営戦略の基本コンセプトに「Innovative」「Digital」「Global」を掲げ、変革を加速させてまいります。

新規ビジネスでは、2021年6月1日に設立した、株式会社サイバーエージェントとの合弁会社「株式会社 CASM」を通して、カード決済データを活用したマーケティングソリューションの提供を進めてまいります。また、新基幹システムを活用し、システム開発からオペレーションまで受託できることを強みに、多様な業務受託によるプロセシング事業の拡大を実現してまいります。さらに、「広告」「ヘルスケア」「ペット」領域など、当社グループが一体となった、複層的な新規事業開発により、新規マーケットへ挑戦をしてまいります。

既存事業では、ペイメント事業における、スマホ完結型サービス「SAISON CARD Digital」を活用したアライアンスの拡大、アメリカン・エキスプレス ブランドの戦略的展開、キャッシュレス比率がいまだ低い、特に中小企業のBtoB決済マーケットのキャッシュレス化を推進してまいります。グローバル事業では、ベトナムでのカード事業の本格始動、インド・インドネシアでのデジタルレンディングの拡大、コロナ禍でストップしていたインパクト投資・CVC事業の積極投融資の再開など、事業拡大へ向け取り組んでまいります。

Digital

小野 和俊 専務執行役員 CTO(兼)CIO 全社DX戦略推進 デジタルイノベーション事業部 管掌

サービスを再設計し、
お客様の価値観や行動様式の変化に対応する

小野 和俊

取締役(兼)専務執行役員 CTO(兼)CIO
全社DX戦略推進 デジタルイノベーション事業部 管掌

これまで当社は、「ペイメント事業」「周辺サービス」「社内IT」「マーケティング」の「4つのDX戦略」を掲げ、デジタル専門組織であるテクノロジーセンターが中心となり、これらの実現に向けて取り組んでまいりました。2020年度は、新商品のシステム開発の内製化を推進し、「SAISON CARD Digital」、「セゾンゲーミングカード」、「Likeme♡by saison card」などの新商品について、スマホアプリへの組み込みやサーバーサイドの実装などを中心に、設計から開発・運用まで、スピーディな商品リリースとサービスの改善を実現しています。

2021年度は、さらにもう一段ギアを上げ、従来のIT部門(IT戦略部)とデジタル部門(テクノロジーセンター)の融合を推進し、「サービス先端企業」として次々と新しいサービスを立ち上げ、既存サービスを改善していくためのシステムフットワークの軽量化を図ってまいります。具体的には、システム開発を①自社開発に移行すべきシステム、②引き続き従来のITベンダーへの開発依頼型で推進していくべきシステム、③ハイブリッド型で社内デジタル組織とITベンダーが融合して開発・運用を担っていくべきシステムの3種類に分類し、①③の自社で対応できるシステムを順次拡大展開していく予定です。

お客様の価値観や行動様式の変化を捉えた、スピーディなサービス提供を目指し、ITを駆使したサービスの再設計に努めてまいります。

Global

森 航介 専務執行役員 グローバル事業部 管掌

Set for Scale
~さらなる成長に向けた既存事業の基盤強化~

森 航介

専務執行役員 グローバル事業部 管掌

当社のグローバル事業では、東南アジアを中心とした新興市場におけるファイナンシャルインクルージョン(金融包摂)の推進に取り組んでいます。ベトナムのHD SAISON Finance Company Ltd.では、二輪・スマホ等の個品割賦に加えて、クレジットカード「HD SAISONカード」の発行を開始しました。日本国内で蓄積してきたリテールノンバンクのノウハウを活かして、ベトナムでの支持を獲得し、2024年までに200万枚の発行を目指してまいります。

インドのKisetsu Saison Finance (India) Pvt. Ltd.、インドネシアのPt. Saison Modern Financeでは、各種Fintechプレイヤーとの提携によるデジタルレンディングを拡大しています。シンガポールのSaison Capital Pte. Ltd.では、各国のレンディングと国内外投資家の資金をつなげ、SDGsに貢献するインパクト投資事業をはじめ、イノベーティブな事業モデルにいち早く投資を行うコーポレートベンチャーキャピタル事業を通じて、国や市場をまたいだグローバルな展開を加速してまいります。

グローバル事業を当社収益基盤の一つに成長させるため、事業基盤を強化するとともに、新たな事業への挑戦を続け、収益源の多角化に取り組んでまいります。

ページトップ