CREDIT SAISON

環境への取り組み

赤城自然園の運営や環境に配慮した
材料の使用などを通じて
環境保全活動を推進しています。

また、社内の日常業務においても
ペーパーレス化を実施するなど
環境に配慮した取り組みを継続しています。

関連するSDGs

  • 7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 12 つくる責任 使う責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 15 陸の豊かさも守ろう

赤城自然園の運営

イメージ画像イメージ画像

群馬県赤城山の麓にて、植物がいきいきと育ち、生き物が棲みやすい森に再生した「赤城自然園」を、「多くのこどもたちが自然に触れ、感性を育むことで豊かな社会にしていきたい」という思いにご賛同いただいた個人・企業・団体からのサポートを受けて、2010年より運営しています。
「人間と自然の共生」の実現を目指した環境づくりに取り組むとともに、当園のフィールドを活用した環境学習会や健康増進プログラム、また群馬ディスティネーションキャンペーン観光地としての貢献など、健康・福祉・教育・観光といった幅広い分野で、連携協定を締結した渋川市をはじめとして、地域・地元との関係を深めています。

イメージ画像
イメージ画像

アサギマダラの生態調査

1,000km以上移動する渡り蝶「アサギマダラ」の生態調査のためのマーキングは、環境学習としても活用されています。

イメージ画像
イメージ画像

親子写真教室

赤城自然園の豊かな森でカメラを通して自然に親しんで欲しいという願いを込めて、親子での写真教室を開催

イメージ画像

森のファミリー写生大会

写生や自然の素材を使ったアート作品づくりで感性を磨きます。

紙消費量やCO2排出量の削減

カード利用明細や申込書のWeb化、社内ペーパレス化を推進しています。

  • ■利用明細書のWeb化による紙消費量の削減(封筒一通あたり500gのCO2削減)
  • ■対面でのカード申込受付時の95%をタブレット端末で受付
  • ■各種会議体でのタブレット端末活用による、会議資料のペーパレス化
  • ■電話会議、TV会議の積極的な活用
  • ■資料印刷時の印刷方法を工夫した紙消費量の削減
  • ■離席・未使用時などのPCシャットダウンによる電気使用量の削減
  • ■服装のオフィスカジュアル化(クールビズ、ウォームビズ)※2018年5月~ 通年採用

環境に配慮した材料の使用

環境にやさしい素材、リサイクルで生まれた材料を使用し、環境保全を推進しています。

  • ■環境にやさしいクレジットカード素材の使用
  • ■利用明細書封筒の窓枠部分に、リサイクルから生まれたエコループを使用
ページトップ