ESGへの取り組み

豊かな社会の発展へ

社会課題解決へのアプローチと
コーポレート・ガバナンス

環境保全への取り組み

赤城自然園の運営や環境に配慮した
材料の使用などを通じて
環境保全活動を推進しています。

また、社内の日常業務においても
ペーパーレス化を実施するなど
環境保全への取り組みを継続しています。

赤城自然園

群馬県の赤城山の麓で約30年の歳月をかけて環境を整え、日本の里山を再生した「赤城自然園」を運営しています。
「人間と自然との共生」の実現を目指し、次世代を担う子ども達に豊かな自然を引き継ぐため、植物が活き活きと育ち昆虫や小動物が棲みやすい環境づくりを続けています。

アサギマダラの生態調査1,000km以上移動する渡り蝶アサギマダラの生態調査のためのマーキングは、環境学習としても活用されています
親子写真教室赤城自然園の豊かな森でカメラを通して自然に親しんで欲しいという願いを込めて、親子での写真教室を開催
森のファミリー写生大会写生や自然の素材を使ったアート作品づくりで感性を磨きます

紙消費量やCo2排出量の削減

カード利用明細や申込書のWeb化、社内ペーパレス化を推進しています。

・ 利用明細書のWeb化による紙消費量の削減(封筒一通あたり500gのCo2削減)
・ 対面でのカード申込受付時の95%をタブレット端末で受付
・ 各種会議体でのタブレット端末活用による、会議資料のペーパレス化

環境に配慮した材料の使用

環境にやさしい素材、リサイクルで生まれた材料を使用し、環境保全を推進しています。

・ 環境にやさしいクレジットカード素材の使用
・ 利用明細書封筒の窓枠部分に、リサイクルから生まれたエコループを使用

環境ボランティア

全国各地でのクリーンイベントへの参加や東日本大震災で津波被害を受けた千葉県九十九里地区の海岸保安林の整備協力など、各自治体の活動に参加しています。

※ 2017年度の取り組みの一例
幕張新都心クリーンの日
江ノ島ビーチ・クリーン活動