ダイバーシティ&インクルージョン

社員の一人ひとりが
価値創造をする企業へ

挑戦する企業文化醸成のための
ダイバーシティ&インクルージョン

社員の健康を重視する
健康経営の取り組み

「サービス先端企業」として新たな価値を創出し続けるために、
社員一人ひとりが常にベストコンディションで、最高のパフォーマンスを発揮すること、
また、社員とその家族の幸せ、お客様、取引先により良いサービスを提供することを目指しています。

基本理念

健康・安全の確保は、全ての業務に不可欠な要素である。健康に関する基本的な考え方を次のとおりとする。

  1. ① 社員にとって、健康は生涯設計実現のための重要な要素である。
  2. ② 会社にとって、社員の健康はその能力を十分に発揮し、事業活動や社会活動に貢献するうえでの重要な要素である。
  3. ③ 健康は社員が自分で守るものであるが、会社はその活動を支援する。

取り組み方針

  • 会社は安全配慮義務を遵守する。
  • 会社は、必要な安全管理体制を整備する。具体的には作業環境、職場環境の管理、健康管理などを推進するとともに、管理監督者および社員に対して安全衛生教育を行う。
  • 社員は自ら安全確保および健康増進に努める。
  1. ① 社員は会社が実施する健康管理活動に積極的に参加する。
  2. ② 活き活きと業務ができるよう自己の健康管理に責任を持つ。

健康経営の推進体制

健康管理室の産業医、保健師、戦略人事部が中心となり、社員の健康保持増進活動を推進しています。また、全国各事業所にはウエルネス推進リーダーを配置し、全社的な活動に加え、事業所別の課題に応じた活動も行っています。
社員が健康管理室や人事スタッフへ心身の健康に関する相談、連携がスムーズにできるよう体制を整えています。

活動内容

  • 社員の健康管理と疾病の早期発見、早期予防を目的に、全社員定期健康診断受診の徹底。受診率100%。
  • ストレスチェック実施と組織分析、職場へのフィードバックを実施。職場環境改善の施策を推進。
  • 身体疾患、メンタル疾患の休職者を対象に、休職~復職までのフォロー体制として、復職支援プログラムを制定し、実施。
  • 健康に関する知識を、社内報や社内イントラネット等を活用して発信し、ヘルスリテラシーの向上を図る。
  • 新入社員研修、新任マネージャー研修時に、メンタルヘルスに関する知識の習得、理解促進。
  • 各事業所の健康に関する課題に応じた、参加型セミナーの実施(食、運動、女性特有の健康課題など)
  • 健康組合と連携し、生活習慣病改善施策の実行(ウォーキング大会、禁煙プログラムなど)
  • カフェテリアポイントを活用した、健康づくりの自己投資の推奨。
  • 心身のメンテナンスのために、ウエルネス休暇(5年に1度、人間ドック受診取得)を推奨。
  • 時間単位有給休暇、半日有給休暇、フレックスタイム、時差出勤、テレワーク等、治療と仕事の両立のために柔軟な働き方を可能にする各種制度を整備。
  • やむを得ず休職期間満了にて退職にいたった場合でも、退職後5年以内であれば、退職時と同条件で再入社できる、リワークエントリー制度。