「女性がリーダーとして活躍する社会」を実現するためには、何が必要なのでしょうか? 働くママ向けの制度、女性管理職を増やす施策など、近年、さまざまな企業が意欲的に取り組んでいます。しかし、働く女性自らが、「自信」を持つ思考づくりも、必要ではないでしょうか。

クレディセゾンには、仕事に対する考えや視野を広げ、個々のキャリア形成をサポートする社内プログラム「ラーニング・カフェ」があります。先日、CHIENOWA主催のラーニング・カフェが実施され、アメリカで「Gender Equity(ジェンダー・エクイティ)に基づいた女性のビジネス進出」に取り組むジェン・ウィリーさんに登壇いただきました。

「女性たちが自信を持ち、イノベーションを起こす」ためのヒントを、彼女の経験も交えながらワークショップ形式でお話いただきました。今回は、その様子をレポートします。

文:CHIENOWA編集部 撮影:相良博昭
プロフィール

ジェン・ウィリー(Jenn Willey)
米国WetCement社の創業者&CEO。「女性の働き方改革」を専門として活躍する元ニュースキャスター。WetCement社では、セールスマーケティング戦略の開発やチームのコーチング、「Gender Equity」という概念の普及と浸透など、独自のソリューションを企業に提供している。また、ジェンダーをテーマに、男女間のコミュニケーションや、意思決定のプロセスの違いを見つけ、女性がビジネスで活躍する環境を提唱している。2018年2月にアメリカ・フロリダで開催された『iMedia Brand Summit USA』に登壇するほか、日本でも『ad:tech tokyo 2018』などで講演を行っている。日本企業の社内セミナー招致は、クレディセゾンが初めて。
https://www.wet-cement.com/
女性のキャリアアップに必要な「自信」を引き出すための4つのヒント
ジェン・ウィリーさんをお迎えした、ワークショップ形式の社内プログラム。ジェンさんは、テレビのニュースアンカーとして活躍後、さまざまな企業を経て起業。また、Gender Equity(ジェンダー・エクイティ)という概念を提唱している方でもあります。日本でよく使われている「Gender Equality=男女平等」ではなく、「Gender Equity=男女公正」を次世代の概念として普及や浸透を目指しています。

ジェンさんのお話によると、「平等(Equality)」という考え方のうえでは、全員が等しく、同じスタートラインに立ち、男性も女性も子どもも、同じ機会や手段が与えられていますが、「公正(Equity)」は、男性は男性に、女性は女性に、子どもは子どもに合った状況や性差に応じて、手段や機会がカスタマイズされるものだと言います。

つまり、「老若男女それぞれの特性に合わせて公正な環境を与えられる社会」の実現を目指しています。

 

「Gender Equity=男女公正」について説明するジェン・ウィリーさん
今回のワークショップでジェンさんは、参加したクレディセゾン社員に向けて、「女性たちにもっと自信を持ってほしい」というメッセージを送りました。

アメリカの経済誌『Forbes』によると、管理職のうち女性が30%以上を占める企業は、純利益率が上昇したというデータがあるそうです。しかし、日本では「管理職のうち女性は11%」にとどまるといいます(ボストンコンサルティンググループ調べ / 2017年11月)。

「日本で女性管理職が増えない原因はたくさんありますが、今回は2つに焦点を当ててお話します」と、ジェンさん。1つ目は、出産後の社会復帰でキャリアアップを目指したくても、契約社員やパートタイム勤務を選ばざるを得ないという「マミートラック」の状況に陥るケースが非常に多いこと。

2つ目は、女性自身に「自信」がないことです。それが、昇進を追い求めることや、自らの権利を主張しないことにつながっていると言います。以前、ジェンさんが日本で講演した際に「自分はこうなりたい」と、自信を持って声に出せる女性が少ないことに驚いたそうです。

今回のプログラムが開催された理由は、この2つ目にあります。女性たちが自信を持ってキャリアを構築することは、クレディセゾンひいては、社会全体としても欠かせないことなのです。

今回は、キャリアアップのときに重要なマインドとなる「自信」の引き出し方を、4つのワークショップとともに教えてもらいました。

 

多くの女性社員が参加した
ワークショップ1:5年後の「なりたい自分」を具現化して、自信を引き出す
1つ目のワークショップです。まずは「5年後の理想の姿」について、以下の項目を埋めてみてください。
1.5年後のあなたの理想の姿は?
2.その理想に立ちはだかる障害は?
3.その理想を実現するために、あなたは現在何をしていますか?
4.その理想に近づくために、導いてくれる人は誰ですか?
5.その同志や、応援してくれる人は誰ですか?
このワークショップでは、5年後の姿を具体的に考えることで、自分のなかにある自信を引き出すというもの。なりたい自分や目標を明確にすることが大切です。

「誰にも見せないので、自分の本心を書いてください」とジェンさん。参加者には紙とペンが配布され、みんな真剣な表情で書き出していました。

 

5年後のなりたい自分について書き出す
日々の小さな行動に対して「自分なら大丈夫」と、意識的に言い聞かせる
この「5年後の自分」を描くワークショップは、ジェンさん自身の経験から生まれたそうです。

会社員時代に、非常に大きな昇進の機会を断ってしまったときの話です。完璧主義者になってしまうマインドを持っていたジェンさんは、自分の能力が100%追いついているかという自信がなかったため、「そのポジションに対して、自分の能力はまだ70%程度だと思うので、辞退します」と伝えたそうです。

すると彼女の上司は「男性ならば、能力が低かったとしてもその仕事を受けるだろう。そして、ポジションについてから必要なスキルを身につけようとするだろう」と言ったそうです。上司からの説得もあって、ジェンさんはその昇進を受けることとなり、重要な機会を得ることができました。

そのとき、「新しい挑戦へのアプローチの仕方が、性別によってこんなにも違うのか」ということに気づいたと言います。さらに、自分のなかにつくっている壁や限界を自覚することは、女性のキャリアにおいて大切なことなのだと。ほかの女性たちの助けになれるように、もっと学びたいと興味が沸いたそうです。

 

男女の思考の違いについて語るジェンさん
チャレンジを躊躇してしまう女性こそ、日々の小さな自分の行動に対して「自分なら大丈夫」と、意識的に言い聞かせることが必要だと言います。

また、5年後のなりたい自分を具体的に思い描き、その目標に向かって仕事の経験を積み上げること。それによって、自分のなかに眠る「自信」が引き出され、前向きにチャレンジできるようになるそうです。
ワークショップ2:「完璧主義」を捨て、失敗を恐れない
続いて、2つ目のワークショップです。まずは、以下のチェックリスト、あなたはいくつ当てはまりますか?
□ 自分が詐欺師のように感じる(できる自分を演じてしまう)
□ 自分が特別な人間でないことを、いつ人に知られてしまうだろうか? と不安になる
□ 自分は生まれつき、頭が良くも、才能がありもしない
□ 自分は、現在の肩書、収入、名誉、成功には値しない人間だ
□ もし自分が失敗したら、自分はできそこないの人間であると知られてしまう

 

ジェンさんによる、5つのチェックリスト
完璧主義者は燃え尽きる前に、周囲にヘルプを求めること
当てはまる数が多いほど、「インポスターシンドローム」の傾向があるそうです。日本語では「まがい物症候群」とも訳されますが、褒められても、称賛されても、そう言われているのは本来の自分ではないのではないか? 自分は、そんな評価に値しないのではないか? と自己評価が異常に低い状態のこと。

これは、比較的、働く環境下にいる女性に多く見られると、ジェンさんは言います。例えば、インポスターシンドロームの人々は、完璧主義の傾向にあったり、他者に助けを求めることを恐れて頑なに一人で仕事をしたり、多くの責任をこなす「スーパーウーマン」になろうとする傾向にあります。

さらに、「完璧主義者は、自分が完璧だと思うまでやり続けてしまうので、最後に燃え尽きてしまう人も少なくない」と話します。燃え尽き、倒れてしまう前に、周囲にヘルプを求めること、そして、誰しも完璧ではないし、失敗もするという思考に変えることが、キャリアを構築するうえではとても重要です。むしろ、失敗から学ぶことは非常に多く、次の成功に導く過程でもあります。

会場には、管理職やマネージャーを務める男性社員も多く参加していたことから、「もし完璧主義者のメンバーがチームにいる場合は、助けを求められる雰囲気をつくり、チーム全体で助け合いながら仕事を進める環境を整えてほしい」とアドバイスしました。

 

ジェンさんの話しに聞き入る、管理職やマネージャー陣


1 2 3