ダイバーシティ&インクルージョン|クレディセゾン 企業・IR情報
ダイバーシティ&インクルージョン

社員の一人ひとりが
価値創造をする企業へ

挑戦する企業文化醸成のための
ダイバーシティ&インクルージョン

ダイバーシティ&
インクルージョンの
実現に向けて

~ クレディセゾンの人材育成と組織活性 ~

一人ひとりが
新たな価値の提供に
挑戦するために

専務取締役 山下 昌宏

クレディセゾンでは、1980年代から女性の積極採用と継続就労を可能とする仕組み作りに先駆的に取り組んでまいりました。その取り組みが性別・学歴・個々人のバックグラウンドなどに関わらず社員全員が自分らしく活躍することを目指す当社の風土を醸成してきました。2017年9月には、全従業員の処遇を統一する新たな人事制度も導入し、事業拡大の原動力となる社員の成長や挑戦を促す環境も整えてまいりました。

経営理念「サービス先端企業」を実現し持続的な成長を実現していくためには、社員一人ひとりが新たな価値の創造と提供に積極果敢に挑戦し、イノベーションを起こしていかなくてはなりません。社員全員が持てる能力を全開させ、充実感を持ちながら活き活きと働く組織であり続けるため、私たちはこれからもダイバーシティ&インクルージョンをより強く推進してまいります。そして、常にベストコンディションを保つ健康経営やキャリアの自律と働きがい向上にも取り組み、社員が自分らしく力を最大限発揮できる組織への変革を進めてまいります。

クレディセゾンの
ダイバーシティ宣言

互いを認め合い、活かし合う。
一人ひとりが自分らしく輝く
全員活躍のクレディセゾンへ

ダイバーシティ&インクルージョン
推進体制

性別、年齢、国籍、価値観などが異なるメンバーの視点の多様性を認め合い、お互いを活かし合える風土を醸成するため、ダイバーシティ&インクルージョンを大切にしています。

全社における改革と推進

全員活躍プロジェクト

スピード感ある人事施策の推進実行を目的とし、各事業部と連動しながらトップダウンで改革を進めるプロジェクトチーム。各年度で重点テーマを設けて課題解決に取り組んでいます。

取り組みテーマ
  • 多様性を受け入れるカルチャーの醸成
  • 柔軟な働き方の推進
  • 重点人事施策の推進
ボトムアップ型の改革提言と実行

セゾン・ワークライフデザイン部

ボトムアップ型の働き方改革の推進を目的とした全社横断型のプロジェクトチーム。プロジェクトメンバーを中心に約300名の社員が有志で参加し活動をしています。

取り組みテーマ
  • 社内の声の可視化と経営への改革提言による制度・風土改革
  • イベントやセミナーなど、部門横断型施策を通じた社内活性と満足度向上
  • 新しい働き方・暮らし方を考え、発信するWebメディア「SAISON CHIENOWA」の企画運営。
SAISON CHIENOWA