ニュースリリース

2012年度「ポーター賞受賞」!

当社は、“独自性のある戦略によって競争に成功した日本企業や事業部”を表彰するポーター賞(主催:一橋大学大学院 国際企業戦略研究科)においてこれまでの企業活動が評価され、2012年度「ポーター賞」を受賞しました。

~当社の受賞理由(「ポーター賞」運営委員会のコメントより抜粋)~
ステータス・シンボルから、日常の買い物をサポートするサービスへと、
クレジットカード事業を再定義
クレディセゾンは、勤続年数の長い男性を主なターゲットにしていたクレジットカードを再定義し、買い物をする一般の人々、特に女性をターゲット顧客とした。年会費、即時発行・即時利用、カード申込等のサービスカウンターを提携小売店に設置、スーパーマーケットの食品売り場におけるサインレス取引、有効期限を撤廃した永久不滅ポイント、ポイントサイト「永久不滅.com」など、使い勝手を良くするための革新的なサービスを次々に導入。同時に、不良債権率とオペレーションコストを低く抑えることに成功している。
2012年度 ポーター賞受賞
~ポーター賞について~
ポーター賞は、日本企業の競争力向上を目的とし、一橋大学大学院国際企業戦略研究科が2001年に表彰制度として創設。賞の名前は、競争戦略論の第一人者であり、長年にわたって日本企業に関心を寄せてきたハーバード大学のマイケル・E・ポーター教授に由来している。
戦略の本質は、他社と違うことをすること。製品やプロセス、マネジメント手法におけるイノベーションを起こすことによって独自性のある価値を提供し、その業界におけるユニークな手法で競争することを意図的に選択しているかどうかを審査基準としている。

ポーター賞についてはこちら
ページトップへ