ダイバーシティ&インクルージョン

社員の一人ひとりが
価値創造をする企業へ

挑戦する企業文化醸成のための
ダイバーシティ&インクルージョン

社員の健康を重視する
健康経営の取り組み

「サービス先端企業」として新たな価値を創出し続けるために、
社員一人ひとりが常にベストコンディションで、最高のパフォーマンスを発揮すること、
また、社員とその家族の幸せ、お客様、取引先様により良いサービスを提供することを目指しています。

健康経営の推進体制

本社、各事業所でウェルネス推進委員会を開催しています。キャリア開発室健康管理室の産業医、保健師、戦略人事部が中心となり、各事業所のウェルネス推進リーダーと連携しながら、職場環境改善、社員の健康保持、増進活動施策を実施しています。

基本理念

健康・安全の確保は、全ての業務に不可欠な要素である。健康に関する基本的な考え方を次のとおりとする。

  1. ① 社員にとって、健康は生涯設計実現のための重要な要素である。
  2. ② 会社にとって、社員の健康はその能力を十分に発揮し、事業活動や社会活動に貢献するうえでの重要な要素である。
  3. ③ 健康は社員が自分で守るものであるが、会社はその活動を支援する。

取り組み方針

  • 会社は安全配慮義務を遵守する。
  • 会社は、必要な安全管理体制を整備する。具体的には作業環境、職場環境の管理、健康管理などを推進するとともに、管理監督者および社員に対して安全衛生教育を行う。
  • 社員は自ら安全確保および健康増進に努める。
  1. ① 社員は会社が実施する健康管理活動に積極的に参加する。
  2. ② 活き活きと業務ができるよう自己の健康管理に責任を持つ。

活動内容

  • 定期健康診断の100%受診推進、診断結果フィードバックによる健康改善サポート
  • ストレスチェック項目を含む年1回のフィジカル・メンタル・エンゲージメントに関する調査実施(プレゼンティーズム状況の把握を含む)と組織分析・職場へのフィードバック、改善施策の策定と実施
  • 管理職を対象とした安全配慮義務(ラインケア)研修の実施
  • 健康相談窓口でのフィジカル、メンタルヘルスサポート
  • 傷病休職者のスムーズな復職を目的として復職プログラムの実施
  • 生活習慣改善施策の実行(食生活、運動習慣など)
  • 活躍支援制度での支給ポイントを使った健康づくりへの自己投資の推奨 など

健康経営に関する受賞・認定

平成26年度 がん患者の治療と
仕事の両立への
優良な取組を行う
企業表彰で「優良賞」を受賞しました。

TOKYO WORK CIRCLE PROJECT
2年連続
認定

健康経営優良法人2018に
認定されました。

健康経営優良法人2018 ホワイト500