English

ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

1. ディスクロージャーの基本方針

当社は株主や投資家の皆様に企業情報を公平でわかりやすく迅速にお伝えすることを心がけ、開示情報の充実に努めてまいります。開示にあたっては金融商品取引法および東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則(以下「適時開示規則」)等」に沿って情報開示を行っております。また、当社をご理解いただくために有効と思われる業績結果・財務内容・戦略等の情報も積極的に開示してまいります。

2. 情報の開示方法

開示すべき事実が決定又は発生する都度、東京証券取引所の「適時開示情報伝達システム(TDnet)」での公開やメディアへの資料配布(プレスリリース)、及び当社ホームページへの掲載を行い適時性・公平性の確保を図っております。

3. 将来の見通しについて

当社が開示する情報のなかには「業績予想」などの将来の見通しについての記述が含まれる場合がありますが、実際の業績は、経済環境・市況などさまざまな経営環境によって変動する可能性があり、将来の予測を保証するものではありません。従いまして、当社に対する投資をご検討される場合には、こうした記述に対して全面的に依拠されることはお避けいただきますようお願いいたします。

4. 沈黙期間について

当社は決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算発表前の2週間程度を目安に沈黙期間として、決算に関する質問への回答やコメントを差し控えさせていただいております。ただし、この沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、適時開示規則に従い公表を行うこととしております。

ページトップへ